インフラエンジニア資格

CCNA資格を攻略せよ!難易度・勉強方法・受験料を徹底解説!


このページではCCNAの資格についてお話してきます。
CCNAはCisco社認定資格として世界的に人気がある資格の一つで、転職やスキルアップに役立ちます。
この記事ではCCNA取得に必要な知識をまとめてみましたので参考にしてみてください。

【いる?いらない?】インフラエンジニアおすすめ資格の決定はコレ!インフラエンジニアの資格おすすめはどれ?数多くの資格の中から本当に役立つインフラ資格だけピックアップ。資格別に難易度・勉強時間・対象者などが一目でわかります。インフラ未経験者から経験者まで役に立つおすすめ情報が満載です。 ...

CCNAとは?

CCNAとはCisco社を始めとしたネットワーク技術の証明、エンジニアの育成を目標とした資格であり、世界的に認知された資格の一つです。
資格保有者は最新のIPネットワークに対応した技術者として世界的に認定されます。

管理人
管理人
ネットワークエンジニアには必須の資格だ。

CCNAの読み方は?

CCNAは(シーシーエヌエー)と読みます。

CCNA取得のメリット

Cisco社の公式サイトによるとCCNA取得のメリットは以下のように記述されています。

シスコ技術者認定 CCNA Routing and Switching の取得は、ネットワーキング分野でキャリアの成功を収めるための最も効果的な方法です。

ではどのように効果的なのか説明させていただきます。

・ネットワーク全般の知識が身につく
・転職で有利になる
・給料アップ

ネットワーク全般の知識が身につく

CCNA取得のメリットとしてネットワーク全般の知識が身につくという点があげられます。CCNAは幅広い範囲から満遍なく出題されますから、ネットワーク領域全般の知識がみにつきます。

転職で有利になる

CCNA取得のメリットとして転職活動が有利になる点があげられます。
特に効果を発揮するのがインフラエンジニア未経験で転職活動を行った場合です。
それ以外にもインフラエンジニアの転職・開発エンジニア・IT営業の転職などにも有効な資格のため、キャリアアップの支えになってくれるでしょう。

管理人
管理人
NNCAは転職者の強い味方だ。

給料アップ

CCNA取得のメリットとして給料アップが見込める点です。
IT企業の中には資格取得が昇給に影響を与えるケースもあります。
また、資格制度取得そのものに祝い金や補助金を出す企業も決して少なくありません。

管理人
管理人
年収交渉の材料になる企業もあるぞ。

シスコ技術者認定の種類について

シスコ技術者認定は五段階

シスコ技術者認定には5つのレベルが設定されています。
また、それぞれのレベルの中でも様々な領域に分類されています。

管理人
管理人
難易度は低い順番にアソシエイト→プロフェッショナル→エキスパートとなるぞ。

エントリー

CCENT
CCT

アソシエイト

CCNAはアソシエイトに属します。

CCDA
CCNA Cloud
CCNA Collaboration
CCNA Cyber Ops
CCNA Data Center
CCNA Industrial
CCNA Routing and Switching
CCNA Security
CCNA Service Provider
CCNA Wireless

プロフェッショナル

CCDP
CCNP Cloud
CCNP Collaboration
CCNP Data Center
CCNP Routing and Switching
CCNP Security
CCNP Service Provider
CCNP Wireless

エキスパート

CCDE
CCIE Collaboration
CCIE Data Center
CCIE Routing and Switching
CCIE Security
CCIE Service Provider
CCIE Wireless

CCNAとして一般的なのはCCNA Routing and Switching

一般にCCNAと国内で言う場合、CCNA Routing and Switchingの資格をいうことがほとんどです。
エンジニアが転職活動の際に役立つのもこちらの資格になり、当ページではCCNA Routing and SwitchingをCCNAとして説明させていただきます。

CCNAの履歴書への書き方

シスコ技術者認定 CCNA Routing and Switching取得と記載しましょう。

CCNA Routing & Switchingの試験時間・出題数・合格点・合格率

試験時間

試験時間は90分です。
シミュレーションに時間がかかるため時間配分が重要になってきます。
一問あたり一分を目安にどんどん先に進む方法をお勧めします。

出題数

出題数は「200-125J CCNA」では60~70問、「100-105J ICND1」、「200-105J ICND2」では45~55問になります。

合格点

合格点は非公式です。
同じ会場で受験した人でも問題はランダムに提出されるため、明確な基準は不明です。
1000点満点中800~900点が目安と言われています。

合格率

合格率は非公式です。
およそ50%~60%が目安と言われています。

CCNA Routing & Switchingの試験範囲

CCNA Routing & Switchingの試験範囲は以下になります。
詳しくは公式サイトから確認してみてください。

1.0 ネットワークの基礎15%
2.0 LAN スイッチング テクノロジー21%
3.0 ルーティング テクノロジー23%
4.0 WAN テクノロジー10%
5.0 インフラストラクチャ サービス10%
6.0 インフラストラクチャ セキュリティ11%
7.0 インフラストラクチャの管理10%

CCNAの有効期限・更新・失効について

CCNAの有効期間は3年です。
3年経過後は再度受験する必要があります。
Cisco社の資格保有者は最新のIPネットワーク知識を有している必要があるため、一度取得すればOKとはいかないようです。
このように3年に一度更新と失効が行われる制度によって知識や技術が常にフレッシュな状態に保たれるのです。

CCNAの難易度

管理人
管理人
CCNAの難易度と立ち位置はこちらの図を参考にしてみてくれ。
インフラエンジニア資格の難易度グラフ

CCENTの難易度については、全く未経験の方によっては中級~上級程度の難易度になりそうです。
それはネットワークの基礎・用語など浅く広い領域について知識を問われるため穴をなくすための勉強が少々大変だからです。
ただしトリッキーな問題や難しい問題は出題されませんので、コツコツと時間をかけて知識を積み重ねていけば合格ラインに到達できるでしょう。

CCNAの勉強方法について

独学で合格できる?

CCNAは独学でも問題なく合格できます。
ただし全く未経験や知識がない状態からの場合、立ち上がりが悪くなってしますケースもあります。
スクールに通う方法もありますが、15万円~20万円程度とかなり高額になってしまいますのでお勧めしません。

インフラ博士
インフラ博士
独学でコツコツ勉強するのがお勧めです。
以下の方法を参考にしてみてください。

参考書で勉強する

CCENT取得に役立つ参考書・問題集は以下です。
参考書でインプット→問題集でアウトプットこの繰り返しで問題なく合格できます。
ただし出題範囲が広いので計画的に勉強することをお勧めします。

(スマホ問題集付)徹底攻略Cisco CCNA Routing & Switching教科書 ICND2編[200-105J][200-125J]V3.0対応

(スマホ問題集付)徹底攻略Cisco CCENT/CCNA Routing&Switching問題集 ICND1編[100-105J][200-125J]V3.0対応

サイトで勉強する

サイトで勉強するのであればこちらのサイトを利用しましょう。
模擬試験やフォーラムもありますので、活用法が多く便利です。
以下2サイトがお勧めです。

ping-t

Ping-t

クラムメディア

クラムメディア

実機の購入について

当日のシミュレーション問題に備えて実機を購入しておくことは有効です。
以下参考にしてみてください。


CISCO Cisco 1812J 固定構成型 セキュアブロードバンドアクセスルータ CISCO1812-J/K9

CCNAの受験日・試験会場について

CCENTの受験日は随時開催されていますが、試験会場となるテストセンターの日程によります。
テストセンター会場は公式ページから確認することができます。

CCNAの受験料について

CCNAの受験料は39,000円(税抜)です。

CCNAの受験方法について

アカウントを作成後、受験予約を行います。
アカウント作成についてはこちらの公式ページからできます。

CCNAの合格発表

試験終了後、即時発表です。画面上に合否が表示されますのですぐに確認することができます。

CCNAの合格証書

合格後、一カ月程度で郵送されてきます。
合格証書到着前に会社に証明などする必要がある場合はトラッキングシステムというものがあります。
こちらの公式ページを確認してみてください。

未経験から手っ取り早くインフラエンジニアになるには?

さて、2020年の現在最も手っ取り早くインフラエンジニアになるにはどうしたらいいのでしょうか?
結論からいうと「無料のプログラミングスクールに通い、就職先を斡旋してもらう」です。
独学で学習し転職活動をするのも悪くありませんが、めちゃくちゃ効率が悪いです。
プログラミングスクールですと、

・就職先を斡旋してもらえる
・無料で研修を受けることができる
・講師に不明点を質問できる
・資格も取得できる
・実機を触ることができる

などメリットがめちゃくちゃ大きいです。

管理人
管理人
有料は高いからNGだ。無料のスクールがおススメ。定番どころも紹介しておくので参考にしてくれ。

プログラマーカレッジ


公式サイト→【未経験歓迎】Linuxサーバー構築、短期集中型の無料IT&就活スクール

全くの未経験でも親切な講義と役立つ実践でインフラエンジニアの基礎が学べます。
多数の企業と提携しているため、96.2%と高い就職率を誇っているのが特徴です。
希望すれば研修と就職活動を同時にスタートでき非常に実践的なスクールです。

公式サイトはこちら

管理人
管理人
運営会社はIT業界で10年以上の実績がある。訪問したことがあるが、オフィスも綺麗でおススメだ。

ネットビジョンアカデミー


公式サイトはこちら→ITエンジニア始めるならネットビジョンアカデミー(NVA)

未経験から一か月無料で基礎知識を学ぶことができます。
ルーター・サーバーなどの実機を触る機会もありインフラエンジニアのイメージをバッチリつかむことができます。
<研修終了後は提携企業への就職斡旋も行っており非常にお勧めです。

公式サイトはこちら

管理人
管理人
インフラエンジニアになりたいならココで間違いない。業界でも有名な定番スクールだ。